2012年02月07日

自動車 免許

自動車免許の制度・規則について


自動車運転免許は道路交通法等により規定されていて

管理は各都道府県の公安委員会が行う。


実際の業務は法令の委任によって

警視庁及び各道府県の警察本部が行っていて

運転免許は国家公安委員会・警察庁交通局の

管理監督を受ける国家資格である。

道路における自動車及び原動機付自転車の

運転を認める許可のことを「運転免許」としている。

運転免許は、運転免許証を交付して行なうことになっている。

自動車免許は昔は半年近くを掛けて自動車学校に通い

試験を受けて取得する事が多かったが近年は

合宿や通学にしても短期集中でおよそ2週間ほどで

免許が取得できる物が人気である。

これも時代の移り変わりでスピード社会を

象徴しているのであろう。

またこれとは別にジュネーヴ条約

またはウィーン条約により条約締結国間で

運転を認める国際運転免許という物もある。


ラベル:自動車 免許
posted by カーキチ at 23:42| Comment(0) | 自動車 免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車 税金

自動車の税金関連はどれくらいあるか知っていますか?

自動車の税金は、購入時にかかる税金

保有しているとかかる税金

乗るため(走るため)にかかってくる税金

と大きく分けて3段階で税金を納税する仕組みになっています。


まずは取得段階では?

消費税(車体価格以外にもオプションや経費などにも)

自動車取得税

自動車重量税

自動車税

軽自動車税


次に保有している段階では?

自動車税

自動車重量税


走る段階では?

揮発油税

軽油引取税

地方道路税

ガソリン/軽油価格への消費税

などたくさんの種類の税金がかかっています。


上記の税金を納税しないと、

自動車を走らせる事な出来ません。

さらに解り難いのが、その税金が国税、

地方税と納税先が分かれている事です。


自動車を購入する時は、

色々な税金が同時に掛かってくる事も踏まえ、

購入予算を組むとか、

購入後の事も考えるようにしましょう。
ラベル:自動車 税金
posted by カーキチ at 00:09| Comment(0) | 自動車 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

自動車 所得税

自動車取得税とは、

自動車を購入した者に対して課税される税金の事です。


車を購入した場合の自動車取得税の計算方法

自動車取得税の計算式は、以下の通りです。


課税標準基準額*× 残価率*= 取得価額*(1,000円未満切捨て)

取得価額*× 5% = 自動車取得税額


* 課税標準基準額とは、

 税事務所で使われている金額の事で

車検証記載の型式等から車種やグレードで算出される。

 目安としてはおよそ新車価格の90%程度です。

* 残価率とは、自動車の経過年数から算出された掛け率の事で

新車時を1.0として、経過年数によって残価率が下がっていきます。

* 取得価額とは、上記の計算で算出された金額で税法上の

その自動車のおおよその価値を表します。

この取得価額が50万円以下の場合は課税されません。


地域によって係数や率が若干違いのある場合があります。

ラベル:自動車 所得税
posted by カーキチ at 23:20| Comment(0) | 自動車 所得税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。